ペット保険って入ったほうがいいの?

Pocket

人間と違って、動物には健康保険がありません。もちろん、うさぎも例外ではありません。元気な時はいいのですが、うさぎもいつ病気になるか、いつ怪我をするかは誰にも分りません。そこで検討したいのがペット保険です。でも、本当に必要? と迷われる飼い主さんもいるのではないでしょうか。そこでここではうさぎのペット保険について考えてみたいと思います。

保険選びのポイントは?

初めての保険選び。どこをチェックすればよいのでしょう。主なポイントを絞ってみました。

メインの補償内容

メインの補償は主に3つ。通院補償、入院保障、手術保証です。保険会社によって、あるいはプランによって保証限度額や補償内容が異なります。1回の通院、入院、手術の補償限度額がいくらか、日数の制限はあるのかなどを確認しましょう。

補償割合

かかった診療費の何%が保証されるかというのが補償割合です。こちらも保険会社、プランによって異なります。当然補償割合が高いほど、月々の保険料も高くなります。手厚い補償を選ぶのか、月々の保険料を抑えるかはうさぎの状態やお財布とも相談して決めましょう。ちなみに保険金の支払い方法は2つあります。1つは病院窓口で保険適用分を引いた自己負担分だけを支払う窓口割引型。もう1つはいったん病院窓口で診療費の全額を支払い、後日保険会社に保険金を請求する立替請求型です。

加入年齢

人間の保険にも年齢制限のある場合がありますが、ペット保険も同じです。商品によって新規加入できる年齢範囲があるので対象年齢かどうかを確認しましょう。

その他のチェックポイント

細かなチェックポイントがいくつかあるのであげてみます。補償されない待機期間はどのくらいか。終身型なのか、一定年齢までなのか。保険料に適用できる割引はあるのか。加入後保険料が上がることはあるのか。メイン補償以外の特約はあるのか。分からないことは事前に保険会社に確認しておきましょう。

うさぎが入れる保険って?!

保険会社によって対象となるペットが異なります。

ペット保険の会社はたくさんありますが、そのどれにでも加入できるのでしょうか。答えはNOです。犬や猫といった飼っている人の多いペットはほとんどの保険会社で加入対象となっていますが、残念ながらうさぎはまだまだペットとしては普及率が低く、加入できる保険も限られています。

スポンサーリンク

うさぎが加入できる保険はここ

数多くあるペット保険会社の中でうさぎの加入が可能なのが、次の3つです。

ペット保険の詳細は各サイトをご覧ください。

ペットライフジャパン

日本アニマルクラブ

アニコム損保

ペット保険って入ったほうがいいの?

ペット保険に入っても病院にかからないと損なような気がする…。でも、いざという時のためにかわいいうさぎのことを思えばこそやっぱり加入しておくべきではないか…。と迷うところではありますが、実際ペット保険の加入率は日本では数パーセントとまだまだ低いようです。たしかに保険のきかない通院は1回数千円とかかりますし、手術となれば数万円かかってしまいます。しかし、例えば月に3000円の保険料を払うとしましょう。3000円×12か月で年間36000円。全く病院にかからなかった場合、この36000円は水に流れてしまいます。安心料という考えもできますが、果たしてそれが安いのか高いのかはそれぞれの感じ方次第です。入った方がいいかどうかの判断も飼い主さん次第です。個人的な考えですが、ペット保険に入ったつもりで毎月一定額を貯金するというのはどうでしょうか。万が一、通院や入院が必要となったときにもそこから賄えます。元気であれば、そのまま溜まります。

まとめ

ペット保険に入るか入らないかは何を重視するかというところになるのではないでしょうか。備えあれば憂いなし。かわいいうさぎの万が一のときに備えるのか、使わない保険料を払うならその分、おもちゃやおやつにかけるのか。飼い主さんの判断によります。ペット保険に加入する際は補償内容や、補償割合など諸条件をよく確認してから入りましょう。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です