ケージの選び方

Pocket

うさぎを飼うならばうさぎの部屋としてケージは必須です。ペットとして飼われているうさぎは穴で暮らすアナウサギです。身の危険を感じた時に逃げられる場所、安心できる場所が欲しいのです。しかし、いざケージを選ぼうとしたときに、ぱっと見にはどれも似たような形でどれを選べばよいのか迷ってしまいます。ここではそれぞれのケージの違いや選び方のポイントを見ていきたいと思います。

押さえておきたいケージ選びのポイント

大きさ

ゆったり過ごしてもらいたいから広いに越したことはないと思いがちですが、そうとも限りません。なぜなら、穴を掘って暮らす習性があるアナウサギは広い場所では落ち着かないという子もいるからです。ケージは犬用、猫用、鳥用など動物ごとに分かれていますが、もちろんうさぎ専用のケージもあります。うさぎにとって快適な大きさに作られているので専用のものを選びましょう。フレミッシュジャイアントのようによほど大きなうさぎでない限り、市販のうさぎ専用ケージで十分にくつろげるはずです。安心できる場所を用意してあげましょう。

 

床材

うさぎの足裏が触れる部分が床材です。うさぎの足に負担のかからないものを選びましょう。床材の種類は主に金網、木、プラスチックの3種類があげられます。それぞれの特徴を見ていきましょう。まずは金網ですが、簡単に洗えるので清潔が保ちやすいというメリットがあります。また、傷もつきにくく丈夫です。ただし、うさぎの足への負担は大きいので、金網のものを使う場合にはできるだけ網目の細かいものが良いでしょう。また、マットを敷いて足を休められるようにするなどの工夫も大事です。次に木のすのこを見てみましょう。こちらは網目がないため、うさぎの爪が引っかかる心配もなく足への負担も少ないです。しかし、汚れがしみこみやすいというデメリットもあります。丸洗いをした場合は乾かしている間のストックも必要となります。おしっこを失敗する回数が多い子には向いていないかもしれません。そしてプラスチックですが、こちらは足への負担も少なく掃除もしやすいというメリットがある半面、爪などで傷がつきやすく菌が繁殖しやすいという面もあります。また、物によっては体重の重いうさぎですと歪んでしまったるすることもあります。

スポンサーリンク

トレータイプor引き出しタイプ

床材の下はトレータイプのものと引き出しタイプのものに分かれます。掃除のしやすさを重視するならば引き出しタイプがおススメです。いずれもトイレで失敗した糞尿や食べこぼしのエサ、牧草などが溜まっていきます。それらを取り除き掃除をする際に、トレータイプのものはケージ部分を持ち上げ分解しなければなりません。一方引き出し式ですとケージを持ち上げる必要もなく簡単に引き出せるというわけなのです。

 

その他

大きさや材質のほか、尿の飛び散りカバーがついているか、キャスターはついているか、などの違いがあります。オスのうさぎの場合おしっこを飛ばすこともあるので飛び散りカバーがあった方がよさそうです。また、キャスターがついていると掃除の移動の際などに楽です。そして値段もものによって異なります。1万円~1万5千円のものが多いですが、中には5千円くらいのものもあります。ただし安さだけに捉われず、安全性、機能性をしっかりと確認したうえで選びましょう。

出典:PhotoAC

まとめ

うさぎのケージには複数のタイプがありますが、何を重視するのか。もちろんうさぎにとって安全なこと、負担が少なく、安心して過ごせることが大事です。快適空間を作るためには掃除は欠かせません。そうなると掃除のしやすさもポイントとなります。うさぎに合った大きさのうさぎ専用ケージを選びましょう。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です