ケージの中のうさぎがしたいこと

Pocket

うさぎはケージの中だけでも生きていくことができます。でも本当は広いところでピョンピョンしたいんじゃないか、思う存分土をホリホリしたいんじゃないか、なんて思ったことはないでしょうか。そんな飼い主さんの思いやりを解決する方法を探っていきましょう。

部屋の中にうさんぽスペースを作りたい

放し飼いはちょっと難しいけど、うさんぽスペースを作ってピョンピョンさせてあげたい。しかし、部屋のうさんぽの度に毎回見守り続けるのも大変です。そこでサークルの出番です。部屋の中に囲いを作ってその中で遊ばせるわけですね。ただ、問題があります。うさぎはサークルの外にもっと広い世界があることを知っています。なんとかして外に出ようとするでしょう。うさぎの垂直ジャンプ力ってどのくらいだと思いますか? 50㎝~60㎝という意見が多いです。つまり、うさぎ用のケージくらいは飛び超えるということです。個体差はあるでしょうが、ギネス記録は99.5㎝となっています。

うさぎの垂直飛びギネス記録

そんな・・・とお嘆きのことでしょう。でも、これはあくまでもギネス記録なので、70㎝あればだいたい大丈夫だとは思います。絶対とは言えません。完璧を目指すなら屋根付きのサークルを買うか、自作するしかないかもしれません。市販のうさぎ用サークルは50㎝から70㎝のものが大半です。50㎝のサークルでも飛び超えようとしない大人しいうさぎもいますが、何かの拍子に驚いたらその限りではありません。また、見張っていられる間だけうさんぽさせるというスタイルであればサークルも必要ないかもしれません(その場合は目を離したすきにコードがかじられないように対策が必要です)。ご自身の状況やうさぎのやんちゃぶりなどを踏まえてご判断ください。

スポンサーリンク

部屋の中でホリホリさせたい

部屋の中になんとかして土を導入しようとお考えの方も中にはいるようです。確かに土をほることができれば自然と爪が研がれて爪切りも必要なくなるかもしれないですし、何よりうさぎは大喜びでしょう。しかし、うさぎのホリホリを甘く見てはいけません。カイウサギはもともとアナウサギですから、土に穴を掘って巣を作ります。長時間ホリホリ可能なスタミナとパワーを持っています。掘り返された土は部屋の中を舞い上がりあらゆるものが土にまみれるでしょう。

うさぎの体が入るくらいの入れ物を用意して土ではなく木のチップなど(うさぎが食べても害のないもの)で代用しましょう。うさぎはそれでも喜んでホリホリします。

「うさぎのしっぽ」で販売もしています

それか庭にサークルを設置してホリホリさせるかですね。

まとめ

元来野生に生きるうさぎの望みを部屋の中で叶えるのは難しいことが多いです。でも、試行錯誤しながらうさぎの喜ぶ環境を整えていくのも楽しいものです。飼い主さんの考えるうさぎスペースを是非実現してみてください。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です