うさんぽしようよ

Pocket

「うさぎ」+「散歩」=「うさんぽ」これはうさぎを飼っている人たちにとっては耳慣れた言葉ですね。うさんぽって必要なの? と思うかもしれませんが、実は賛否両論です。たまには広い外で走り回らせてあげたいと思うのもかわいいうさぎを思ってのこと。しかし、うさんぽにはリスクも伴うのです。ここではうさんぽの危険を認識しながら、うさんぽで気をつけることもみていきたいと思います。

うさんぽのリスク

狭いケージの中とは違い、広々として気持ちのよい外ですが、そこにはうさぎにとって危険なものもたくさんあります。まず、うさぎは被捕食動物であるということを思い出してください。いつ襲われるかわかりません。一番危険なのはカラスです。いくら飼い主がそばにいても鋭いくちばしをもち空を飛ぶカラスから確実にうさぎを守ってあげられるとは限りません。また、公園などには犬や猫もいます。犬の散歩はほとんどがリードをつけてさせていますが、野良猫などは自由に動きます。そしておなかをすかせていれば、捕食しようとするかもしれません。猫もカラスも生きるためには必死です。たとえ襲われなかったとしても犬や猫の声を聴いただけでもうさぎにとってはストレスになるかもしれません。他の動物のいない草むらなどは一見安全そうに見えますし、うさぎもホリホリしたり駆けまわったり楽しいかもしれませんが、ノミやダニの心配があります。ノミやダニが原因で皮膚病を引き起こすこともあります。

うさんぽに必要なもの

リスクはありますが、飼い主が責任をもってうさぎを守ってあげられるなら、工夫をすればうさんぽは可能です。では、うさんぽに必要なものはどのようなものかを紹介します。まずはキャリーケースです。目的地まではキャリーケースで移動させる方が安全です。ただし、キャリーケースに慣れていない場合はストレスを感じるので、普段から慣れさせておいた方がよいでしょう。段階を踏んで、キャリーケースに慣れてからうさんぽへと進みましょう。それから散歩をさせるときにはリードが必要です。ほとんどのものはハーネスとセットになっていて、よく見かける犬の洋服のようにうさぎにハーネスを着せ、ハーネスにリードをつけます。ハーネスも可愛らしいデザインのものも増えていて飼い主さんの楽しみの一つにもなりますね。うさぎの大きさに合ったハーネスを選びましょう。しかし、ハーネスやリードをつけられるのを嫌がるうさぎもいます。暴れてケガなどさせないように、こちらも慣れさせてからうさんぽデビューしましょう。うさんぽの際に忘れてはならないのがエサと水です。いつもよりたくさん動いて喉も乾きますし、おなかも減ります。うさぎが食べられる野草を食べさせればいいじゃないかと思うかもしれませんが、公園などに生えている野草には除草剤や犬猫の糞尿などがついている可能性もあります。持参のエサをあげましょう。

スポンサーリンク

うさんぽデビューは生後何か月?

かわいい自慢の愛うさぎ。うさんぽ欲には一緒に外に連れて行ってみんなに見てもらいたいという気持ちもあるかもしれません。しかし、生まれて間もないうさぎをうさんぽに連れていくのは危険や負担が大きいので避けましょう。では、生後何か月からだったらいいの? と思うでしょう。これには明確な答えはないようです。人によって、生後3か月を過ぎてからという人もいれば、生後5~6か月を過ぎてからという人もいます。6か月を過ぎてからという意見が多いようです。その理由としては6か月を過ぎた頃からしっかりとした大人の体つきになり、免疫力もついてくるということがあげられています。うさぎの体調や成長を見ながら判断しましょう。

まとめ

うさんぽは必ずしもしなければならないものではありませんが、注意をすれば可能です。うさぎのストレスにならないよう、外には危険がいっぱいだという認識をもって行いましょう。せっかくの楽しいうさんぽが、暴れて骨折したり外敵に襲われてケガをしたりとなっては本末転倒です。まずはキャリーやリードに慣れさせて、短時間から始めてみましょう。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です