うさぎの種類。どんなうさぎが飼えるの?人気の五種類

Pocket

 

 

どんなうさぎが人気?

ペットとして飼われているのはアナウサギを先祖として発展してきたものです。一言にうさぎといってもその種類は実に様々。120種類以上とも言われており、特徴も種類ごとに異なります。どんなうさぎが飼いうさぎとして人気があるのか。ここでは人気のうさぎについて見ていきたいと思います。

不動のNo.1 ネザーランドドワーフ

出典:ウィキペディア

うさぎ好きでなくとも耳にしたことはあるでしょう。ピーターラビットのモデルとなっていることでも有名です。小型のうさぎで大人になっても体重は1㎏ほど、大きさは26㎝くらいです。小さいうさぎが飼いたいという人にぴったりですね。

性格は人懐こいと言われていますが、個体によっては独立心が旺盛で気が強い子もいるようです。感情表現が豊かで、時には足ダン(スタッピング)で怒りを表現することも。懐いてくると甘えてきたり、名前を呼ぶと近づいてきたり、一緒にいると癒されますね。

キュートな垂れ耳 ロップイヤー

出典:ウィキペディア

うさぎといえば長くてピンと立った耳が特徴的ですが、ロップイヤーは垂れた耳が特徴的なアナウサギです。もともとスペイン原産のアナウサギをペットにするために改良されたそうです。ロップイヤーの中でも、ホーランドロップ、イングリッシュロップ、ライオンロップ、ミニロップ、フレンチロップと種類が分かれています。

ロップイヤーは遊びが大好き。できるだけケージから出して解放してあげましょう。ぴょんぴょんと跳ね回る姿がなんとも愛らしいです。気になる音や気配に垂れた耳を持ち上げる姿もキュートです。耳のおそうじはこまめにしてあげましょう。垂れている分、汚れもたまりやすいのです。

スポンサーリンク

思わず抱きしめたくなるモフモフ感 ライオンラビット

出典:パブリックドメインQ

ライオンラビットという名前を聞いたことはあるでしょうか。その名の通り、ライオンのたてがみのような長い毛が特徴的なうさぎです。首回りや顔周りのモフモフの毛はつい抱きしめたくなってしまいます。しかし、抱っこに慣れるには少し時間がかかる傾向にあります。一度にではなく、少しずつ距離を縮めていくのがよいでしょう。

うさぎは暑さ、寒さに弱いということはご存知の方も多いと思いますが、ライオンラビットは特に体温調整が苦手な種類です。直射日光の当たらない場所、エアコンの風が直接当たらない場所など、ケージの置き場所にも注意しましょう。

 

温和でのんびり屋のアメリカンファジーロップ

出典:Photo AC

フレンチアンゴラとファジーロップイヤーの交配で生まれたのがアメリカンファジーロップです。垂れ耳と長い毛が特徴です。見た目のかわいらしさもさることながら、温和で人懐こく、飼いやすいうさぎとして人気です。大きさは30㎝くらいとロップイヤーの中では小さめです。

長い毛は毛玉になりやすく、また毛づくろいのときに抜けた毛を舐めとってしまうと毛求症の原因にもなるので、こまめにブラッシングしてあげましょう。うさぎの中では少々お高め(3~5万円)ですが、初心者にも飼いやすいうさぎです。

 

世界最大級のうさぎ フレミッシュジャイアント

出典:ウィキペディア

フレミッシュジャイアントといえば、世界最大級の大きさのうさぎとして有名です。その大きさはなんと一般的には7~10㎏ほど。ギネスに認定された個体では体重20㎏以上、体長130㎝と小学生くらいの大きさです。フレミッシュジャイアントの魅力は温厚な性格でしょう。大きくて温厚なうさぎ、癒されますね~。しかし、生後8か月頃までは気性の激しい部分もあるので要注意です。飼育に当たっては、その身体の大きさから他種より2~3倍の餌代がかかること、広いスペースが必要となることを覚えておいた方がよいでしょう。ウサギ用のケージでは小さいので犬用のケージが必要です。販売価格も7~8万円と他種に比べて高めですが、魅力いっぱいのフレミッシュジャイアント、一度は飼ってみたいですね。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です