うさぎの爪切り・耳掃除

Pocket

ウサギを飼うときに欠かせないのがうさぎのお手入れです。ケガや病気の予防、飼い主さんとのコミュニケーションとしても大事なことです。ここでは爪切りと耳掃除について見ていきたいと思います。

爪切りはなぜ必要か

野生のうさぎは穴を掘ったり、走り回ることで自然と爪が削られます。しかし、飼いうさぎの場合、穴を掘ることもなければ、十分に走り回ることもないため、爪が削れず伸びてしまいます。伸びすぎた爪を放っておくとどうなるか。ケガの原因になります。遊んでいるときに絨毯などに引っ掛けて折れたり、根元から抜けたりする可能性もあります。また、伸びすぎた爪のせいで、足裏をきちんと床につけることができず、かかとに負担がかかってしまうことも。定期的に爪切りをしてあげましょう。頻度は様子を見ながらですが、月に1~2回くらいです。

爪切りの仕方

まずはうさぎが安心できるポジションにします。抱っこをするときは膝でお尻をしっかりと固定し、抱え込むようにすると安定します。それでも暴れる子は2人で行うのが安全でしょう。脇で両目をふさぎ見えないように抱っこし、もう1人が切ります。足先を軽く押さえ、指を広げます。血管を切らないよう注意しながら先端のとがった部分をカットします。血管は光に透かすと分かりやすいです。切った後はやすりで整え、植物性油を切り口に少し塗っておくと良いでしょう。うさぎの爪は丸い形をしており、人間とは厚さも形も違います。ですので、爪切りは人間用のものではなく、うさぎ専用の爪切りを使いましょう。ハサミタイプのものが使いやすくてオススメです。

脇で両目を隠して抱っこします

誤って血管を切ってしまったら

いくら注意していても誤って血管を切ってしまうこともあるでしょう。そんなときは慌てずに止血をします。少し血がにじんだ程度であれば、30秒~1分程度の圧迫で止血できます。ガーゼなどで出血した爪の先を抑えてあげましょう。出血しているときは止血綿もしくは止血剤で止血します。人間用の軟膏などはうさぎが舐めてしまうので使わないようにしましょう。出血がひどい場合は病院へ連れて行ってください。

耳掃除

うさぎの耳は汚れが溜まると炎症などが起こりやすくなるので、定期的な管理で清潔を保つようにしましょう。特に垂れ耳のロップイヤーなどは蒸れやすく汚れにも気づきにくいので注意が必要です。うさぎの耳掃除は刺激のない耳道洗浄剤やベビーオイルなどを含ませた脱脂綿で耳の入り口部分の汚れをふき取ります。人間用の耳かきや綿棒は傷をつけてしまったり、耳垢を奥に押し込んでしまう可能性があるので使用しないでください。必要以上に耳を振ったり、耳を掻いたり、悪臭がするときは外耳炎や中耳炎など耳の病気も考えられるので病院で診てもらいましょう。

まとめ

毎日ではないけれど、定期的にケアが必要な爪切りや耳掃除。うさぎの病気やケガの予防のためにもしっかりと行っていきたいですね。ケアの後にはご褒美におやつをあげるのも良いかもしれません。うさぎ用の爪切りは種類もたくさんあるので使いやすいものを選びましょう。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です