うさぎの暑さ対策、寒さ対策

Pocket

うさぎは汗をかかない動物です。体温調節は耳からの放熱で行います。しかし、28度以上の気温、室温が続くと熱中症になりやすいので温度管理が重要になってきます。また、寒さも苦手なので対策が必要です。体温調節が苦手なうさぎのため、飼い主ができることはどんなことでしょう。

暑さ対策

28℃くらいになると人間も暑いと感じますよね。そして熱中症の心配も出てきます。これはうさぎも同じです。ましてや全身を毛に覆われ、体温調整も苦手なのです。人間は暑ければクーラーをつけたり衣類を脱いだりできますが、うさぎは自分ではできません。飼い主がうさぎにとって快適な室温を調整する必要があります。基本的に(地域にもよりますが)夏はクーラーは必須です。飼い主が出かけている間もつけっぱなしにしておいた方がいいでしょう。クーラーをつけずに出かけて、帰ってきたらうさぎがぐったり・・・なんてことになっては大変です。クーラーの設定温度は24℃~26℃くらいがよいでしょう。注意点はクーラーの風が直接うさぎに当たらないようにすることです。ちなみに扇風機だけでは室温が下がりきらないのでクーラーのほうが安全です。

スポンサーリンク

寒さ対策

うさぎは寒さにも弱い動物です。夏同様エアコンで室温調整が必要です。気温が15度を下回るようでしたらエアコンをつけてあげるようにしましょう。+αの寒さ対策としてはペットヒーターの活用があります。ペットヒーターには主に3つのタイプがあります。1つ目はボードタイプ。ケージの中に設置するので直接うさぎが乗ることができます。暑くなったら移動できるので自分で体温調節ができます。ただし、コードがあるのでコードカバーをつけていても、噛み癖のあるうさぎは要注意です。2つ目は保温電球タイプです。電球の熱で空気を温めます。ケージに取り付けるのでコードを齧られる心配はありませんが、保温電球に直接うさぎが触れてしまうとやけどの危険性があります。動いてもうさぎが触れない位置に設置するとよいでしょう。また、狭いケージではケージ全体が暖かくなりすぎうさぎの逃げ場がなくなってしまう可能性があります。暖かい場所と涼しい場所両方の確保ができるようケージの広さや設置位置を考慮しましょう。3つ目は遠赤外線タイプです。こちらはケージから離れた場所に設置するのでコードをかじられる心配もありませんし、うさぎが直接触れることもありません。サーモスタット機能搭載で温度管理もばっちりです。ただし、他のタイプのペットヒーターに比べると多少値は張ります。ヒーターのほかに寒さ対策(隙間風対策)としてケージを段ボールやバスタオルで覆うという手もあります。また、ケージカバーも市販されているので隙間風が気になる飼い主さんは検討してみてもよいでしょう。

まとめ

うさぎは体温調節が苦手で暑さにも寒さにも弱いということを知っておく必要があります。寒暖差によるストレスが病気の原因となったりしないよう、快適な空間を用意してあげましょう。夏、冬ともにエアコンは必須です。飼い主さんが出かけている間も室温を保つためつけっぱなしにしておきましょう。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です