うさぎの去勢手術・避妊手術

Pocket

犬や猫の去勢手術や避妊手術は最近では珍しくありませんが、うさぎもしたほうがいいのでしょうか。去勢手術・避妊手術のメリットやデメリットを見ていきたいと思います。

うさぎの繁殖

うさぎは捕食される側の動物のため、子供をたくさん産んで子孫を残そうとするのでしょう。繁殖力が旺盛です。他の動物のように決まった発情期があるわけではなく、周年発情といって、1年中発情があります。メスは生理がなく、排卵は交尾の度に行われます。妊娠すると1か月(妊娠期間は30~32日)で出産し、1度に1~10匹(5匹前後が多いようです)も産まれます。しかも年に4~8回も出産できるのです。オスは4~9か月、メスは6~10か月くらいから発情・交尾を始めます。オスとメスがいれば、どんどん増えるというわけです。去勢手術や避妊手術の目的の一つには繁殖を防ぐということもあります。

スポンサーリンク

去勢手術

繁殖を防ぐ目的のほかにも去勢手術のメリットがあります。うさぎのオスは縄張り意識が強く、おしっこを飛ばしてマーキングをします(スプレー)。去勢手術をすることで縄張り意識が弱まり、スプレーが減少します。攻撃性も抑制され穏やかになります。また、生殖器疾患の予防にもなります。一方、デメリットとしては手術時の麻酔のリスク、異性への関心がなくなり食べることが楽しみになるため肥満になりやすい、といったことがあります。うさぎにとって、飼い主にとってどちらが良いかをよく考えて判断しましょう。ただし、去勢手術をしたからといって、すべてのうさぎが問題行動(スプレーやマウンティングなど)が全くなくなるというわけではありません。手術を受ける時期は生後6か月~3歳くらいまでが妥当だそうです。30分程度の手術時間で、ほとんどは日帰りできます。費用は病院によって差があるので事前に確認した方がよいでしょう。相場は10,000円前後です。こちらをご参照ください。➡うさぎにかかる医療費ちなみにペット保険は適用外です。

避妊手術

メスの避妊手術にもメリット、デメリットがあります。メスのうさぎにとっての一番のメリットは病気の予防ではないでしょうか。メスのうさぎは中高齢になると子宮や卵巣の病気になる確率が高いのです。子宮腺癌、卵巣腫瘍、子宮水腫、子宮蓄膿症などの病気です。なんと5歳以上で80%のうさぎが子宮疾患を発症しているそうです。また、発情期にはホルモンバランスの乱れから攻撃的になったり情緒不安定になりやすいので、避妊手術を受けることで攻撃性の抑制にも繋がります。デメリットはオスの去勢手術と同様に、麻酔のリスクがあること、肥満になりやすいということがあります。手術の時期は生後6か月~1歳くらいまでが推奨されています。その理由は生後1歳を越えると腹腔内に多量の脂肪が沈着しやすく、子宮や卵巣が探しにくく、摘出もしづらくなるからです。オスの去勢手術との違いは、開腹手術だという点です。そのため、1泊入院で行うことが多いようです。費用もオスの去勢手術よりは高めで相場は20,000円くらいですが、病院によって差があります。避妊手術もペット保険は適用外です。

まとめ

飼い主として去勢手術・避妊手術をするべきかは非常に迷うところだと思います。一番は手術のリスクが心配なのではないでしょうか。メリット、デメリットを理解したうえで、飼い主さんが判断するしかありません。獣医師さんに相談するのも良いと思います。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です