うさぎのマッサージ

Pocket

肩が凝っているときや疲労が溜まっているときなどは、マッサージがいいですよね。ツボにグイっと入った感じやじわじわとコリがほぐれていく感じがたまりません。そんな気持ちのよいマッサージ、うさぎにもしてあげたい! と思いませんか。でも、うさぎって気持ちいいと感じるのでしょうか。もちろん! うさぎにも気持ちのいいツボがあるのです。

うさぎが気持ちいいと感じるツボ

人間の体にはたくさんのツボがありますが、うさぎにもツボがあります。大まかに分けると①顎から耳の付け根、②足の裏、③眉間から背中を通ってしっぽの付け根、④耳、といった感じです。背中や頭は撫でると気持ちよさそうにしますね。人間同様、うさぎも耳、足にツボが集中しているようです。うさぎのマッサージについて詳しく書かれているおすすめの本は「うさぎと暮らす式マッサージ大辞典」  おくだひろこ先生(ホリスティック獣医師)。解説DVDも付いていて、分かりやすいです。

 

マッサージの仕方

まずはマッサージの前に飼い主さんの手を温めておきましょう。人間だって冷たい手で触られたらひやっとしますよね。

①顎から耳の付け根⇒両手の親指で耳の付け根に向かって上に上がるようにやさしく揉みます。

②足の裏⇒円を描くように軽く揉みほぐします。

③眉間から背中を通ってしっぽの付け根⇒眉間から頭は親指で軽く押し、背中は手のひらでゆっくりお尻のほうに向かって何回か撫でてあげます。しっぽの付け根は両手で軽く揉みほぐします。

④耳⇒耳の付け根、耳の内側と外側を親指と人差し指で挟むようにし、軽く押します。

うさぎの骨は折れやすいのでマッサージも十分に注意しながらやさしく行いましょう。

スポンサーリンク

気持ちいいとこうなる

人間もマッサージで気持ちいいときにはリラックスしてトローンとしたり、目を閉じたりしますね。うさぎも同じです。嫌な時や触られたくない時は逃げますし、気持ちのよいときはおとなしく、トローンとしたり、目を閉じたり、前足を少し伸ばしたりします。押さえつけないとできない時や寝ているときには無理に触らないようにしましょう。

まとめ

うさぎの気持ちのよいツボを押さえ、やさしくマッサージをすることでスキンシップも取れます。嫌がるときには無理せずに、おとなしく気持ちいいと感じるときに行いましょう。ホットパッドなどを使いながらのマッサージも温熱効果があり、おなかの調子が良くない時などにいいようです。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です