うさぎのキャリーの選び方

Pocket

動物病院に行くときやうさぎと一緒に出掛ける時に必要となるのがうさぎ用キャリーです。しかし、形や素材もたくさんあって、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。見た目のかわいさだけではなく、うさぎと飼い主さんにとって使いやすいキャリーを探しましょう。ここでは、それぞれのキャリーの特徴を見ながら選び方を紹介していきたいと思います。

素材について

うさぎ用キャリーは大きく分けて2種類のタイプがあります。布製などのソフトタイプとプラスチックや金属性(ケージタイプ)などのハードタイプです。ソフトタイプは、持ち手のひもが調節できるのでハンドタイプにもショルダータイプにもなり、徒歩での移動に便利です。また、使わない時は畳んでコンパクトにできます。ただし、噛み癖のあるうさぎには向いていないかもしれません。生地を噛みちぎって飲んでしまう危険性もあります。また、通気性が悪くなりがちなので暑い日はキャリー内に温度がこもりやすくなってしまいます。ハードタイプは安定感があり軽くて丈夫ですが、持ち手が短いので徒歩での長時間の移動は大変かもしれません。車での移動には向いているかもしれません。また、噛み癖のあるうさぎでもあまり噛めないので安心です。

 

開け口について

うさぎを出し入れするときに重要なのが開け口です。キャリーを嫌がるうさぎも少なくありませんので、開け口は大きいほうが出し入れがスムーズです。天井が開くタイプはうさぎを持ち上げて出し入れできるので便利です。キャリー自体が大きいほうが出し入れがスムーズにいくのではと思うかもしれませんが、キャリーが大きすぎると移動中にうさぎが転がってしまう危険性があるので、キャリー自体の大きさは、中でうさぎが少し動けるくらいで十分です。

スポンサーリンク

トレイやすのこについて

特に移動が長時間になる場合、トイレも心配ですね。キャリーの底にトレイやすのこを入れられるタイプですと、トイレシートを入れることもできます。また、後始末も簡単にでき便利です。商品によっては付属されているものもありますので、キャリー底も要チェックです。

移動中の環境について

キャリーでの移動はうさぎにとって負担やストレスになります。できるだけ移動がないようにしたいものですが、どうしてもという時にはできるだけうさぎにとって負担の少ない環境を整えてあげたいものです。そこで注意したいのが、通気性。ソフトタイプのキャリーですとメッシュ素材がオススメです。空気穴があるタイプのものは天井と側面どちらにもあるものが通気性が良いでしょう。特に夏場の移動には注意したいところです。また、脱水予防のために水分補給も必要です。キャリーに給水ボトルを取り付けられるものもあるので、長時間の移動になりそうなときにはオススメです。

まとめ

数あるキャリーの中から選ぶのは難しいかもしれませんが、うさぎの大きさ、季節や距離、移動手段などを考慮し、うさぎと飼い主にできるだけ負担のかからないものを選びましょう。そして、普段から部屋において自由に出入りさせるなどして慣らしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です