うさぎにお風呂は必要か

Pocket

人間はお風呂に入ると気持ちいいと感じる人が多いと思います。湯船に浸かってのんびりリラックス、いいですね。うさぎにもこの気持ちよさを体験させてあげたい! そう思う飼い主さんもいるかもしれません。うさぎってお風呂に入れてもいいのでしょうか?

基本うさぎにお風呂は必要ない

結論から言いますと、糞でお尻が汚れてしまったり、よほど体が汚れてしまったりしない限り、うさぎにお風呂は必要ありません。うさぎはキレイ好きなので、自分で毛づくろいをします。清潔な状態を保つことが得意な動物なのです。また、うさぎは体温調節を耳でするので汗はかきません。体臭もほとんどありません。(もともとうさぎは捕食される側の動物です。体臭があると臭いで捕まってしまう可能性があるので、体臭の出ない体のつくりになっているのです)うさぎは水が苦手で、体を濡らすことにも慣れていないため、お風呂やシャワーなどは非常にストレスになります。お風呂に入れてもおとなしくしている場合、気持ちいいというよりも、びっくりしすぎて身動きが取れなくなっている可能性があります。極力お風呂は入れないようにしましょう。

汚れてしまったら?

高齢や病気のため、トイレを失敗してしまったり、毛づくろいができなくなり、お尻が汚れてしまうこともあります。そのままにしておくと、菌によって病気になることも考えられます。お風呂に入れるときはできるだけ負担が少ないようにしてあげましょう。では、うさぎのお風呂の入れ方を見ていきたいと思います。まずは洗面器や洗面台にお湯を張ります。ここで注意するのがお湯の温度です。体温+1℃くらいが適温とされています。(個体差はありますが、うさぎの体温は38℃~40℃くらいです。)うさぎをお湯に入れるときはお尻からゆっくり入れます。顔と耳は入れないようにします。うさぎを洗うときはうさぎ専用のシャンプーを使います。シャンプーが残っていると皮膚病の原因にもなるのですすぎはしっかりとしましょう。出来るだけ手早く行い、洗い終わった後は水気をよく拭き取ります。それからやけどに注意しながらドライヤーで乾かします。うさぎは体温調節が苦手で、湿気に弱い動物です。濡れたままの状態で体が弱ってしまったり、湿った部分を舐め続けることで毛求症の原因になることも考えられます。

汚れてしまったけれど、お風呂が心配なとき

体力が落ちているうさぎや、やっぱりお風呂に入れるのは心配という飼い主さんにオススメなのが、水の要らないシャンプーです。パウダーシャンプーやシャンプータオルなどがあります。汚れはひどくなくても、おしっこがかかったりなどで臭いが気になるときは濡れタオルで拭いてあげるのも良いでしょう。

まとめ

うさぎは水が苦手です。どうしても、という場合を除き、極力お風呂には入れないようにしましょう。体への負担やストレスになってしまいます。致し方ない場合は、出来る限り負担が軽く済むよう、手早く済ませ、しっかりと乾かしてあげましょう。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です